ごあいさつ

府中地区医師会 准看護学院学院長難波 泰樹

府中地区医師会准看護学院
学院長 難波 泰樹

 我が国では少子高齢化が進んでおり、超高齢社会となっています。
高齢者を支援する為に保健・医療・福祉がタッグを組み、社会のニーズと医療の高度化に対応しなければなりません。特に医療において看護職には専門性の高い知識が求められます。又、人間と人間の生活を理解する能力、看護を実践する能力、主体的に看護を深求する能力が看護職には必要です。
 医療の原点は患者としての人間と医療者としての人間の出会いです。
この人間関係は医療における最も基本的なものです。患者様に対して人として敬意を持った態度で接して、適切な言葉を持ってコミュニケーションをはかるように心がけねばなりません。
 看護職の育成は人間性豊かな知性と感性を育み、健全な心身と倫理観を備えた看護職を育てると共に、科学的根拠に基づいて考え、創造的に看護を実践できる人材を育てるのが目標です。
 本学院では特に人間教育に力を注ぎながら、専門的な知識や技術の修得をめざし、社会に貢献できる看護職の養成をおこなっています。看護職は人を助ける非常にやりがいのある職業です。
 一緒に看護職をめざしませんか、当学院への入学を心からお待ちしています。

本学院の教育方針

① 社会人として一般教養を身につけ、看護者として望ましい態度と自ら向上
 しようとする姿勢を養う

② 人間を理解し、愛する心と態度を養う

③ 対象に応じた適切な援助活動が実践できる能力を養う

④ 保健医療チームメンバーと協力し、准看護師の役割を果たす能力を養う

本学院は、以上の4項目に従って、社会の要望に応え得る准看護師の養成を目指して授業を行います。